プログラム

  • ワークショップ(屋外)
  • 一般向け
  • 企業向け

[W4-11] 災害時用の「備蓄木」で炊き出し用の薪を作ってみよう!

日本森の十字社では災害時用の備蓄燃料「備蓄木(びちくぼく)」の普及活動に取り組んでいます。「備蓄木」は間伐材を丸太で保管。災害時には細かな薪を作り、小さな火から丸太に火が付くことで一度に大勢の人が屋外で暖をとれることが可能になります。今回は子供から高齢者まで誰でも安全・簡単にできる薪割ワークショップを行います。

主催団体
一般社団法人日本森の十字社
キーワード
  • 地震・火山
  • 備蓄・グッズ